ヒートスリム42℃ですが2017年に急激にお隣の韓国から人気急上昇となり日本でも注目されているダイエットアイテムとなります。

ヒートスリム42℃はただお腹に貼るだけで脂肪燃焼効果が期待できると言う何とも信じたいけど信じがたい商品ではありますがその効果は根拠もあり実際に使用した方も効果があると絶賛されているんです。

さて今回直接肌に張り付けるヒートスリム42℃の商品について、やはり心配なのはかぶれや炎症等の肌トラブルにならないかがとても心配点になります。

痩せたいけど、肌がかぶれや炎症してしまえばそれどこではなくなってしまいますからね!

ヒートスリム42℃は安心安全で肌トラブルが起こらないのか?

またヒートスリム42℃の使用方法等をまとめてご紹介したいと思います。

ヒートスリム42℃はかぶれてしまう?商品製品を調査!

ヒートスリム42℃の商品は直接肌に貼るタイプのパッチとなっています。

それゆえに気になるのがかぶれや炎症が起こってしまえば、せっかく購入しても使えなくなってしまいます。

特に女性の肌質はデリケートで敏感肌な方も多いので購入する前にはチェックしておきたい項目となります。

さて、ヒートスリム42℃の製品を調べてみたいと思います。

ヒートスリム42℃製品

ヒートスリムに使用されているパッチはTPLゲルを使用されています。

しかしヒートスリムのTPLゲルは高級素材を使用していて医療用にも使用されるものを厳選されているそうです。

メイン成分は肌に優しい植物由来のものを使っているので肌トラブルが起きない様に徹底的に配慮がされています。

また、韓国では美容用品の特許を取るのは様々な問題をクリアーしなければ難しいとの事。

特に肌に直接使用すのであれば更に厳しさも増すでしょう。

韓国皮膚臨床化学研究所で皮膚刺激判定をクリアーされている商品です。

なので安心して使用できます。

ヒートスリム42℃の低温火傷の心配は?

次にかぶれや炎症ではなく、直接そのままヒートスリム42℃を貼って長時間過ごすとなると低温火傷等の心配の声もあります。

やはりイメージはホッカイロウ等のイメージがあるのですが安全に使用できるのでしょうか?

心配となる「低温火傷」ですが基本的には外部から発する熱で皮膚に直接触れると起こってしまう低温火傷。

しかしヒートスリム42℃はカイロとは全く別物であり、ヒートスリムから熱を発するものではありません。

パッチに練り込まれているカプサイシンが働き脂肪燃焼効果があるので体の外ではなく、内側から熱を発するので低温火傷を起こる事もありません。

ヒートスリム42℃の適切な使用方法

ヒートスリム42℃は長時間使用出来る事もとても魅力的な点なのですが、注意して頂きたいの事は8時間以上の使用はしない事です。

肌トラブルや低温火傷の心配はないものの、やはり肌呼吸ができないまま8時間以上貼りっぱなしにするとお肌には良くありません。

それに8時間以上使用しても、効果がないので貼っていても意味のない事なのですみやかに外しお肌を休ませてあげる様にしましょう。

また、剥がす時もお肌に負担を掛けない様に静かに優しく外してあげる様にしましょう。

ヒートスリム42℃は使い捨てとなりますので使用し終わったヒートスリムはすみやかに捨てちゃいましょう。

使い捨ては少し勿体ない様な気がしますが、考え方によれば衛生的にも良い事。

そして、それだけの効力を1日使い果たしてくれるので脂肪を燃焼の為に使い終わったパッチはありがたくお別れしましょう。

>>ヒートスリム42℃の公式サイトはココ