セルライトは、肌がボコボコした状態になることを指します。

セルライトとはなに?セルライトになる原因はなに?

セルライトについてみていきましょう。

セルライトとはどういう状態でしょうか

セルライトというのは、脂肪細胞の内外に老廃物が溜まり膨張することで、肌の表面にでこぼこができる状態です。

セルライトがあるからといって、不健康ではありません。

血行不良と脂肪の代謝不良が重なった状態で、一度形成してしまうと戻すのにも苦労してしまいます。

セルライトができやすいのは、お尻や脚になります。

なぜお尻や脚にできやすいのか。脚は冷えやすく代謝が悪い部分だからなのです。

アメリカなどでは、セルライトがオレンジの皮に似ていることから、「オレンジピールスキン」とよばれています。あまりなじみはないですね。

肌がボコボコになってしまうセルライト。どうしたらセルライトができにくくなるのか。

セルライトのになる原因から考えて行きましょう。

セルライトになる原因としては何があるのでしょう

これという表だった原因は、今のところありませんが、いろいろ原因ではないかと言われる中でも影響が大きいと
されるのが、女性ホルモンと肥満の関係です。

脂肪細胞がリンパの流れを阻害し、代謝が低下する。

そして、ホルモンバランスの乱れなどにより老廃物が溜まってしまうと言われています。

その中で大きな要因となり得る原因をみていきましょう。

運動不足による血行不良

第一の要因として考えられるのが、運動不足です。

運動をしないと脂肪が燃焼されない状態になり、燃焼することができなかった脂肪は蓄積します。

その蓄積された脂肪がセルライトの元になってしまいます。

女性の方に多いのが、冷えの症状です。冷えると血行不良になりむくみにつながります。

これに運動不足が重なってしまうとさらに脂肪が燃焼しづらくなり、体内に老廃物が溜まりやすくなります。

運動をすることにより、脂肪の燃焼や血行不良の改善にもつながり、セルライトもできにくくなるということです。

ストレスによるホルモンの乱れ

ストレスによって女性ホルモンが乱れてしまうと、脂肪の分解と生成のバランスがくずれ脂肪細胞が膨張してしまいます。

膨張してしまうと血液な流れが悪くなり老廃物が溜まりやすい状態になってしまいます。

老廃物が溜まることで、セルライトが増えて行くのです。

ホルモンが乱れてると判断するのは、難しいことだ思います。

疲れたと感じたら、お風呂にゆっくり入ったりするなどリラックスをしていきましょう。

老化

誰にでもおとずれてしまう老化も、セルライトの原因となってしまいます。

老化によって、基礎代謝が低下していきます。基礎代謝が低下していくと老廃物も溜まりやすくなってしまいます。

基礎代謝を保つことも重要になってきますね。

まとめ

いかがでしたか?

3つのセルライトになる原因がありましたが、その中のキーワードとなるのが老廃物ではないでしょうか。

体内に不要な老廃物を蓄積させてしまうことが、セルライトが増えていくということです。

自分で意識してセルライトを増やさないことをしていきましょう!