ダイエットの為に運動や食事制限を頑張っていても、なかなか上手く効果が出ない方は睡眠まできちんと考えていますか?

実は睡眠不足は太る原因になっているかもしれませんよ!

睡眠不足とダイエットは密にかんけいしているのですが、その理由について今回ご紹介してみたいと思います。

睡眠不足がどうして太る原因となるのか

睡眠時間が平均7時間~8時間の人と睡眠5時間以下の人と比べてみても肥満になる確率が一気に上がってしまいます。

ホルモンバランス

太る理由はホルモンが関係しているんです!

食欲を旺盛にしてしまう「グレリン」と食欲を抑える「レプチン」の食欲ホルモンで体重が増加してしまいます。

睡眠不足になると、食欲が増えるグレリンの分泌が増加して、レプチンが少なくなってしまいます。

更に睡眠中は成長ホルモンが盛んになり寝ているだけでも痩せる効果があると言われています。

基礎代謝の低下や血行が悪くなる

寝ている間に身体の中では休息タイムです。

筋肉がオヤスミモードになっているので血液が体中にいきわたるようになります。

それが行われなければ冷え症や代謝が悪くなってしまうんです。

その上、睡眠不足は筋肉量も減らしてしまうので脂肪が更に付きやすくなってしまいます。

睡眠不足に良い事は何ひとつなし!

ダイエットを試みる方にはだけでなく睡眠不足は何一つとしてもメリットがありません。

グレリンが増加しレプチンが低下するだけでなく消費カロリーの低下やインスリンが残りやすくなるため脂肪が活発に作られてしまうと言うデメリットがあります。

そして睡眠不足は「太る体質になる」だけでなく、健康被害や病気のリスクまで高めてしまいます。

その他には老化の促進やお肌の免疫の低下、気分や疲れが残ってしまう至っては寿命まで縮めてしまう研究データーまであるようです。

仕事の残業や忙しい時期等の場合はいたしかたない時の睡眠不足は仕方ない時もありますが、基本的に睡眠不足にならないような生活を送る事が大切です。

また、ダイエット中は特に深夜まで起きていても夜食で炭水化物を摂取する事を避けてください。

そもそも睡眠不足が太る原因となるのは、遅い時間まで起きていると食欲が増してしまい、結果夜食等を口にしてしまう事が原因となります。

睡眠不足にならない為の心がけ

睡眠不足に良い事は何一つありません。

なので、睡眠不足を解消させるためにいくつか方法があります。

日々忙しくて充分な睡眠をとれない方や、寝ようと思ってもなかなか寝付けない方は少しの心掛けが大切となります。

  • 寝る直前までテレビやスマホを見ない
  • 部屋を暗くしてリラックス状態が作れるような環境を作る
  • 安眠効果のある食材を食べてみる
  • 睡眠時間の平均を7時間から8時間とるようにしましょう
  • 寝る時間を決める、起きる時間を逆算して寝る時間の癖を付ける
  • 寝不足の場合は特にお昼や日中に少しだけ仮眠を取るようにする

まとめ

ダイエットを始めようとお考えの方はまず、基本である生活習慣をまず見直ししてみる事をおすすめいたします。

ダイエットは何よりも続けなければ意味がありません。

きちんと睡眠をとって、栄養のある食事をして、適度に運動する。

どれかひとつでも掛けてしまうと頑張ってダイエットを試みてもいい結果がでないかもしれません。

睡眠はとても大切です。

睡眠不足となれば太るだけではなく、健康面や気分まで悪くなります。

充分な睡眠を取って痩せ体質になりましょう。